骨盤 エクササイズ 効果

どんなエクササイズにも共通するポイントとは?

 

骨盤エクササイズの目的は文字どうり骨盤のゆがみ直しが第一目標です。

骨盤は筋肉、そしてお尻の大部分を占める脂肪の土台です。

 

骨盤が歪んでいると筋肉の発達にも歪みが生じ

脂肪も付いて欲しくないところについてしまいます。

 

そうならないためにも骨盤エクササイズの効果を

しっかりと引き出してくれる正しい呼吸法や押さえておくべき

ポイントをご紹介します。

 

正しい呼吸法を覚えましょう。

 

最近、普段から口呼吸をする人が増加中。

口呼吸とは、文字どおり口で呼吸をする事です。

人間の鼻は脳とつながっており、いい香りを華で吸った

時にリラックスできるのは、香りの成分が脳に伝わった

からだと言われています。

 

つまり、鼻で空気を吸うことで脳に効率的に酸素が届き

活性化されるのです。

 

ところが口呼吸をすると、脳に空気が届かず酸欠になって

しまいます。いくら運動しても口呼吸だとその効果が

下がってしまうのです。

 

正しい呼吸は鼻で吸い、おへそと背中がくっつくイメージで

口から吐くことです。

 

息を吐くとき、ろっ骨が美しく見えるのが理想的。

上手く感覚が掴めない人は仰向けになってやるとよくわかります。

 

締めたいところを意識しよう

 

エクササイズをする時、効果を上げる2つのポイントは

1.運動する自分と使う筋肉が動くところをイメージし

2.実践する前に「ここを引き上げたい」となりたい自分を

 イメージするとよいでしょう。

 

脳につながる感覚神経は、複雑な回路を経て筋肉に繋がっています。

 

つまり、脳でイメージした事は電気信号となって神経回路を

通り、筋肉に伝えられます。そのため「この筋肉を動かす」

という意識を持つだけで、感覚神経から自動的に電気信号が

発せられ、その情報は筋肉に伝わり、結果、筋肉の運動が

向上するのです。

 

上記は骨盤のエクササイズ以外の運動でも共通する

ポイントです。普段から意識しておくと、新陳代謝の上昇

し、痩せやすい体質へと変えてくれます。